オールオンフォーのインプラント治療

永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはありません。


そのため、入れ歯をすることで噛む機能と見た目を補ってきましたが、噛みやすい物ではありませんでした。
そこで登場したのがインプラントです。



歯のない部分にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着することで、本物の歯のように噛むことができる治療です。
自分の歯のように使うことができるので、第二の永久歯とも呼ばれます。
インプラントはとても良い治療ですが、失った歯が多いとその分多くのネジを埋め込む必要があります。

これだけは知っておきたい日経メディカル情報の失敗しない選び方を紹介します。

ですから、治療費も高くなってしまいますし、手術の際の負担も強くなります。

そこで、オールオンフォーという新しいインプラント治療が注目を集めています。

オールオンフォーは下の歯を全て失った場合でも、たった4本のネジだけで支えることができる治療法です。今までのインプラントでは10〜14本と言う数のネジが必要だったので、いかに少ない本数で治療できるのかが分かります。
もちろん、上野歯が全てなくなった場合も同様に4本のネジで治療できます。
オールオンフォーは、患者さんへの手術の負担を大幅に減らすことが出来る治療法です。
さらに、手術したその日のうちに仮歯まで用意できるので、見た目も自然で歯のない期間をなくすことができます。



食べる喜びと、見た目の美しさを両立できる治療法として、総入れ歯だった患者さんにも大変高い評価を受けていて、希望する人も増えています。