話題のオールオンフォーインプラント

インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込み、そこに人工歯を乗せることによって自分の歯が合った時と同じような食生活ができる画期的な歯科治療方法です。



見た目にも美しいことから前歯に使用しても違和感がなく、一本から総入れ歯にしている人でも複数の本数で利用することができます。

ガジェット通信のお役立ち情報を公開しています。

総入れ歯にしている人にとっては、毎日取り外して掃除をするというメンテナンスの必要があり、機材が口の中を覆う面積が広いことから味がしにくかったり、器具に食べかすが詰まってしまうなどのトラブルも多いものです。
しかし、インプラントであれば取り外すこともなく器具が出ることもないので、美味しく快適な食生活を送ることができます。


けれども、12本の全ての歯にインプラントを施すとなれば大掛かりな手術となり、さらに部分的には骨の強度がないとなれば骨を増やすための手術も必要になってきます。
新しいインプラントの治療方法でもあるオールオンフォーならば、4本の人工歯根を入れるだけであり、手術をしたその日から仮歯で快適な食生活に戻すことができます。
オールオンフォーは、4つの人工歯根を埋めることから呼ばれている名称ですが、顎の骨の状態によっては6本埋め込まれる人もいます。



この場合にはオールオンシックスとなるのですが、一本ずつ施すよりも半分以下の人工歯根で済ませることができるメリットがあります。

オールオンフォーは、人工歯根の数が少ないことから予算的にも安く済ませることができる利点を持っています。