インプラントの進歩とオールオンフォーについて

歯は食べ物を噛んで食べるだけでなく見た目の面でも非常に重要な要素を含めています。


またもし歯を失っても入れ歯を入れて対応する人も多いです。

しかし毎度の洗浄の手間と人の目が気になるという声もおおく最近ではインプラントが人気となっています。


しかしなかには抜けた歯の数が多すぎたり土台となる歯茎の状態が悪くなかなか手術に望めないという方もいます。



そのなかで最近ではオールオンフォーと呼ばれる方法が非常に高い人気を誇っています。

オールオンフォーとはインプラント術の1つの方法であり上顎と下顎にそれぞれ二本ずつインプラントを行うことを表します。

日本経済新聞の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

その際に噛み合わせがしっかりしており安定性に優れているように手術してくれるため噛んだときにも違和感や不快感は少なく安定感のある口を手にいれることが可能となります。上顎と下顎の4本だけでは咀嚼の機能性としては乏しいです。

しかしオールオンフォーは咀嚼のためではなく顎の噛み合わせと安定性を目的に行われます。

オールオンフォーを受けたあとは歯は4本だけの状態になります。
それらがベースとなり他の部分の義歯の調整に役立ってくれます。


ベースがあることでそこを基準に進めていくことができることで全体としてのバランスも良く噛み合わせも良好な結果に終わることが多いです。

インプラントと義歯の見た目の差については年々新しい技術が開発されており、違和感なく馴染んでくれます。



そのためより機能的な口を手に入れることと口の状態がマッチすればオールオンフォーを希望する人か増えています。